2016 BASEスタート 3rd stage episode.2/karinto


2016年最初のブログ

暖かいお正月皆様どうお過ごしですか。

かりんとうファミリーは2日(昨日)

親戚のはしご。ご馳走を頂きゴロゴロ。

ウエストとアゴの肉?脂肪?急増中!!!!

これはやばいって事で

チョコっとBASE開始。

開始したところで変わりませんが(笑)



遅くなりましたが本年も

よろしくお願いします。

f0347194_10520098.jpg


『かりんとう』を始めて2回目のお正月。

今日はちょっと長くなるみたい.....。

最後までお付き合いお願いします。



いなざうるす屋さんのブログに

こんな事が書いて有りました。

「飾る場所」「飾る人」によって

それぞれ違った魅力が引き出される。
http://ameblo.jp/koroshinmama/entry-12113182413.html






................................................................

それと長く使える物。

例えば引越しされても処分されずに

また新居に連れて行ってもらえる物。




     





どんなに沢山の引き出し(魅力)があっても

それに気付いてもらえないと駄目なんです。

生活する上で不必要な商品かもしれませんが

それが庭や部屋にあるから毎日が楽しめる

とか思われる商品でなければならない。



そのほんの隙間の引き出しを開けてもらう

事ができなければただのガラクタ止まり。









『かりんとう』が何故ブロカント(美しいガラクタ)に

こだわるのか。

元々私の家は工務店。私も10数年お世話にまりました。

社会人になってほとんど木を触ってます。

最初のきっかけとなったのが端材です。

とにかく端材で何かできないかなぁ?って

端材も次に利用できなければ廃材(産廃)なんです。

しかし、それは誰でも簡単に手に入れられて

しかもホームセンターでも購入出来るような

普通の新材の端材。

原点はDIY

出来ればあまり無いものでって。

わざわざリスクを






今のバイト先で出会ったバーンウッド。

アメリカの納屋に使われていた古材。

当然輸入物で高価な材料な訳ですから

そこは直ぐに諦めて....。

しかしヒントが多く刺激過ぎました。


そこでどこにでもある様な

古材、古木を使うとどうなるかって

思い試した事がブロカントに

こだわる元。

足場板や、パレット、リン木

上げれば色々ありますが全てに

特徴があり表情の豊かさにはまって

木材だけでなく錆た鉄にも力を入れたりして。





何故ブロカントにこだわるの?ですが

アンティークやブランド物などは

効果で値打ちある物だと言うことは

誰でもわかるでしょう。

しかし、どこでも見かける

それ、見たこと有るって言う様な

物が違う形で商品になるって事を

知ってもらいたいから

こだわりたいのです。


しかし古材なら何でも良いって

事じゃなくて。

色々使ううちにこの材料

でなければ上手く出来ない

とか言う事も出てきて

材の仕入れもかなりのリスクが

有ります(汗)

いわゆるリメイクウッドと言うカテゴリー

が一番ふさわしいのかなって思います。


一方、フェイクビンテージウッド

新材を古材に見せたフェイク材

の制作技術も付けて幅を広げたいと

思っております。

全然まとまってませんが

伝わるか?





今春のワークショップの

企画もこう言う思いを伝えられる

場所になれば嬉しいです。

今回はフェイクポテトBOX

この休みの間に少しずつ詳細を

詰めております。今月末には

決定詳細を報告出来ればと

思っております。




そして今春は封印してた

領域も解除される事が

起こるかも。期待、ソワソワ。


長くなりましたが最後まで
読めれた方お疲れさまでした。
一息ついてください。

今日はボチボチ。
明日からは普通~で。



2016年出展のお知らせ
1月16日(土) チボリマルシェ
宝塚市チボリゴルフセンター内(兵庫県)
10:00~16:00

1月17日(日) 赤れんがバザール
舞鶴赤れんが4号棟(京都府)
10:00~15:00







[PR]

by da193crftsman | 2016-01-03 13:55 | かりんとうのこと | Comments(0)  

<< 今年も作ります 3rd sta... 2015総集編 3rd sta... >>